AGA治療で有効とされるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛という副作用があります

AGA治療で有効とされるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛という副作用を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるなんて薬が体質に合っていないのではないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬が効き始めている証拠なので心配する必要は全くありません。

初期脱毛で抜けていく毛というのは不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくる準備が進んでいるということです。

初期脱毛を発症する期間は治療を開始してから1、2ヶ月期間とされておりミノキシジルをでも同様の副作用があります。

インターネットでAGA治療内容について調べてみたら画像付きで経過報告をしている体験談を見つけることができます。

多くの場合で、治療を始めてからから3ヶ月程度で効果が出始めるようで、定期的に経過写真を見せてくれるので成果のほどがよくわかります。

中には疑わしいサイトもありますが経過とともに費用や使用している薬品を紹介してくれるサイトもあるので参考になります。

AGAの治療を開始すると初期脱毛が起こったりするので実際の体験談が記載されているとその症状はみんな一緒なんだとほっとできますよね。

AGAに関するサイトは、アクセス数が多いことからそれだけ薄毛に困っている男性が多いということですね。

AGA治療のガイドラインで認められているプロペシアにはAGA治療に効果的な数少ない薬です。

しかし、どんな薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどういった副作用が起きる可能性があるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で最も深刻なのが肝機能障害ですが障害は血液検査で調べることができますので使用前後の変化をチェックしておきましょう。

また、プロペシアは前立腺がんの治療薬でもありますので前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

この他にも長期間の服用で男性でも乳癌を発症したりアレルギーや鬱の発症も副作用として起こり得るとされています。

AGA治療に有効な薬には内服薬のプロペシアやミノキシジルが配合された塗り薬があります。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋を発行してもらわなければ買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医薬品ではないので薬剤師がいる薬局やドラッグストアで買う事ができます。

ミノキシジルには飲むタイプもありますが国内でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

ミノキシジルの飲み薬はインターネット個人輸入が可能ですが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGA治療をできるだけ安くしたいのなら育毛剤を使うのが良いと思います。

様々な有効成分が多く配合された育毛剤が販売されており薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

海外からミノキシジルを個人で輸入する人も見受けられますが安全面での保証がありませんのでやめたほうが賢明です。

ミノキシジルは頭皮の血行を改善することにより育毛効果を狙っていますので同様の効果がある保険適用薬で代用することも可能です。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや運動する事もAGA治療には有効です。

AGA治療に効果があるとされる薬品にはプロペシアという内服薬やミノキシジルと呼ばれる外用薬があります。

プロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑制し乱れたヘアサイクルを改善する効果があります。

ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進することにより毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化して発毛を促進する効果があります。

しかし、いずれの薬品も発毛剤として開発された薬ではなくもともとは、プロペシアは前立腺がん、ミノキシジルは高血圧の治療薬といして開発されました。

2つの薬とも薄毛を改善し、発毛を促進効果があることが発見されたため今ではAGAの治療薬としても処方されています。

AGA治療薬として有名なプロペシアは処方箋をもらうために通院しなければ買う事ができません。

市販薬とは異なるのでドラッグストアでは取り扱いがなく自由診療なので高価なことが難点でした。

近年ではプロペシアにもジェネリックが開発されたので従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品は日本よりもアメリカなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品で厳しい基準をクリアしていますから開発コストが削減できるため従来の2~5割で販売できるのです。

AGA治療は保険適用がない自由診療なので治療費は100%自己負担となります。

プロペシアは医薬品なので医師の処方箋が必要なため1回あたり約3000円の診察料がかかります。

その上、万有製薬の公式価格ではプロペシアが1錠250円しますから診察料と薬代の合計は、1ヶ月で1万円を超える計算になります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので医師の診断を受けなくても買う事ができます。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同額程度の高価格な出費になります。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は100%自己負担ということになります。

AGA治療が日本で開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなかったため1ヶ月で1万円近くの費用がかかりました。

又、保険が適用されない医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いなので値段は販売店の判断で自由に設定することができます。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり薬局によっては数千円の価格差が出ることもありました。

また、処方箋をもらうためには診察を受ける必要がありますので薬代以外にも再診料や診察料が都度発生することを忘れないでください。

AGA治療に励んでいる皆さんは日々の生活習慣にも気を付けなければいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりでは栄養が偏ってしまうのはもちろん、塩分が多くと血行不良になってしまうことも。

日頃から意識をして、髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを摂取することを心がけ亜鉛もきちんと摂取し抜け毛や白髪の予防をしていきましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品、ビタミンは緑黄色野菜など亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれていますよ。

また、緑茶に含まれるカテキンには血圧の上昇を抑制してくれる効果だけでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスに悩まされている方にオススメです。

AGAというものは男性に見られる脱毛症であり女性で発症する例はありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあると言われていますので治療には男性ホルモンを抑制する薬が用いられます。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬はDHTの生成を抑制することで効果を発揮するというものです。

AGAが原因の脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分がヘアサイクルの成長期を短くしてしまうものだと考えられます。

成長期が短いということは髪が十分に成長する前に抜けてしまうということなので全体的にひ弱な頭髪が多くなって薄毛が目立つようにってしまうのです。

AGA治療に興味があるけど何科なのか分からないという人もいると思います。

AGAの治療は基本的に投薬による治療がメインとなるためプロペシアを処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

ただし、プロペシアの処方を行っていない病院もあるので受診の前に確認しておくことをおすすめします。

又、一般病院のお医者さんというは、薄毛治療が専門というわけではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が確実なのは間違いありません。

中には、調剤薬局で買うよりずっと安い価格で薬をで処方してくれるところもありますしメソセラピー治療も受けられるクリニックもあるので専門クリニックの受診をお勧めします。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

保険適用外のため費用はかかってしまいますが市販薬よりずっと効き目がありますのでおすすめです。

とはいえ、プロペシアの副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

この薬もプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められていますので信頼できる薬品です。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、日本でAGAの治療として認められているのは塗り薬の外用薬だけです。

AGAというものはDHTという男性ホルモンの影響することで髪の成長期が短縮されることにより症状が現れます。

AGAになると髪の毛が十分に発達する前に脱毛してしまうので髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる飲み薬を服用しDHTの生成を抑止することで薄毛を治療していきます。

その他にはミノキシジルを含んだ外用薬を用いて頭皮の血行を促す治療法もあります。

両方の治療方法を併用することも可能ですが健康保険の適用外のため、費用が割高になってしまいます。

AGAというものは遺伝で発症するため個人の体質に大きく左右されます。

AGA治療は対症療法なので薄毛が完全に治るというものではありません。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再び脱毛などが発症して、次第に進行していくことになります。

とはいえ、AGA治療にも副作用が起りますからずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですので、ある程度の所まで改善したらAGA治療を途中でやめるのも良い方法だと思います。

引用:薄毛治療におすすめ!費用が安い駅近のAGA治療病院&クリニック