行方不明者の捜索なら探偵事務所を使おう

昔遊んでいた友達に久々に連絡をしようと思ったら連絡がつかなく他の友達も連絡先がわからずいつに間にか音信不通状態ということがありました。

そこで行方不明者の捜索について気になったので調べてみました。

自力で探すのも1つの手段ですが探せる範囲や方法が限られます。

実際はその倍以上になると言われています。

自力捜索との大きな違いとして、とにかく機動力が大きく変わります。

人手のかけ方やプロから見た第3者の視点、地道な聞き込みや張り込みなどを行うことができます。

また、探偵に依頼すると個人情報保護法の観点などから1週間以上経ってからの依頼では発見率や費用に大きな違いが出るそうです。

子供が突然家出したら、親はまず何をしたらよいでしょうか。

長時間帰ってこない場合は警察への届け出を行うと思いますが原則として警察へ届けても何かが起きてからでなければ動けません。

「すぐに帰ってくるだろう」という甘い認識でいると事故に巻き込まれてしまうことも考えられます。

そのため、すぐに捜索を始めなければいけません。

家出調査のプロフェッショナルである探偵の方の話では、まずはじめに、子供の私物を確認することを推奨しています。

手がかりとなる手紙が置かれている可能性もあり、その中には家出先の情報やそもそもの家出の原因など重要な手がかりになります。

世の中には色々なサービスが存在しています。

中には頼んでも望んだ結果にならない場合もあります。

例としては、家出調査などを行う探偵への依頼です。

どういった理由で失敗してしまうことがあるかというと対象が行方不明になってから長い期間経過していると古い情報を手がかりに探すことになり、場合によっては捜査範囲も捜査範囲が日本全国に広がることも考えられるからです。

他にも、探す理由を依頼時の確認などでストーカー犯罪の手助けになる可能性やDVが原因による家出と見られる場合はそもそも依頼を断られることが多いです。

しかし、最短で見つかる可能性が最も高いのも事実なので行方不明の人を探す場合は探偵に依頼しましょう。

インターネット上で家出調査について調べていたところこんな質問を見かけました。

息子が家出した、探偵を利用したほうがいい?という内容です。

おそらく、10代、20代の子供を持つ親の方の質問だと思います。

基本的には頼んだほうが絶対にいいです。

なぜかというと子供が家出をするときは其れ相応の覚悟をして家出します。

家出した理由が親とのケンカの場合は待てば帰ってくることもありますが回数が増えるとそのうち計画的に家出をして音信不通になることもあります。

また、親の過干渉によるプレッシャーなどが原因の場合は親の過干渉によるプレッシャーがいやになったなどが原因の場合です。

犯罪・事件に巻き込まれる可能性があるためです。

浮気調査や家出調査などの自力で行うには限りのある調査を行うのが探偵ですが気になるのは期間や費用ですよね。

浮気調査の場合では、調査費の総額が10万円?100万円とピンキリです。

基本的に浮気調査にかかる調査費用の大半は人件費となっており1時間あたり調査員2名で平均1.5万円?2万円になっています。

他にも浮気の度合いや頻度などのどれくらい調べたいかによって調査時間及び費用は大きく変わります。

調査が早く完了したらその分だけ費用も安くなるので料金が高そうで不安、という方は無料相談窓口を利用したり依頼時に調査期間を決めてしまうなどしましょう。

普段あまり活用しない方が多いと思われる家出調査サービスですが何かがあって依頼をする場合、いつまでにするのが良いのでしょうか。

結論から言うと、家出から数日経って連絡がなければすぐに探偵や興信所へ依頼を出しましょう。

興信所の方のデータによると、家出から1週間以上経過していると見つかる可能性が一気に低くなるそうです。

単なる身内の家出だからと甘く考えてしまい時間が経過してしまっては足取りを追うのも難しくなっていきます。

また、見つかるのに時間がかかりすぎてしまうのでどうしても費用が高くなってしまいますので、早めに相談・依頼をしましょう。

自分は大丈夫と思っている人ほど事件に巻き込まれることがありますよね。

例えば、海外旅行した際にバッグを盗まれることや突然、身内や友人が失踪して連絡がつかなくなるといったことです。

盗難防止の方法はTVなどいろいろなところで知ることができますが人探しに関する情報はあまり知られていないと思います。

家出調査のプロである探偵の方に探し方を聞いてみました。

多くの人が初めは自力で探そうと思います。

その際、まず調べて起きたいのが私物の確認です。

何を持っているかがわかれば意図的に家出下のかの判断がつきます。

もし車に乗っている場合はホテルなどではなく車中泊の可能性もあります。

普段、めったに使わないサービスってありますよね。

例えば家出調査を始めとした人探しのプロである探偵への依頼などです。

でも家族が失踪するなどがあったら使うことになるかもしれないですよね。

その際に気になるのは料金相場がどうなっているのかではないでしょうか。

1回の人探し調査の相場は50から80万円くらいかかる方が多いそうです。

人探しにおける料金の内訳は交通費や宿泊費などの経費や特に大きい負担になるのが調査員の人件費になります。

遠方での調査が必要になるとその交通費や早朝などに調査を行った場合は出張費や深夜割増など別料金が発生することもありますので依頼する際は経費込み料金でどの範囲まで含まれるかなどを確認しましょう。

この前、探偵ものの映画を見ていたときにふと疑問に思ったことがあります。

それは現実世界の探偵はどういった仕事をやっているのかという疑問です。

同じことを感じている人は多いのかネット上にその疑問を解決するランキングが載っていました。

実際に行う仕事で1番多いのは浮気調査となり6割前後のようです。

1分単位で対象者の行動を記録し、いつ・誰と・何をしていたかを調査します。

浮気調査の報告書は証拠としての信頼性が高く裁判になったときに有利になるそうです。

次に多いのが家出調査です。

家出とついていますが友達などの行方不明者探しも含まれます。

家出するのが特に多いとされる年代は10代・20代という話もあり、その理由としては受験の失敗や怒られてというのが多いようです。

実行したかは別にして皆さんも1度は家出しようと思ったことはないでしょうか。

自分の場合は親とのケンカが理由でしたが他の人の理由はどんなものがあるのでしょう。

調べてみたところ家出調査の専門家である探偵の話を見つけました。

探偵の行う家出調査は失踪人などの行方不明者探しも含まれるので正確ではないかもしれませんが、主な理由としては「借金」や「うつ病」、「不倫や浮気」などが主な要因となっています。

いずれにしてもなるべく早く見つけることが大切です。

探す場合は、着替えを持っていったかなど私物の確認をすることで意図的な家出かわかる可能性があるほか、行き先の手がかりにつながる情報が見つかるかもしれません。

どんな行動でもやり方は1つではありません。

それは家出調査などの失踪人探しでも同じことが言えます。

主な方法としては自力で捜索、警察に届け出をしての捜索、探偵を使っての捜索の3つになります。

ほとんどのケースでは自力での捜索と探偵を使っての捜索という形になると思います。

なぜかというと原則として警察は何かが起きてからでないと動けないからです。

そのため、まずは私物を確認することから始めましょう。

その際に、洋服や大金、印鑑などを持っているのがわかれば意図的な家出・失踪と判別できますし、仮に遺書なんかが出てきたら命に関わることなので警察も動いてくれる可能性が出てきます。

家族が突然失踪したなどで行方不明になった人は毎年8万人以上になります。

これは届出が出ている件数なので実際はその倍以上と言われています。

家出調査のプロの探偵へ依頼すると料金が発生しますが高額になるケースやできるだけ安く済ませる方法はあるのでしょうか。

依頼前に高額になりそうだと判断できるケースとして探したい人が認知症などを患っている場合や行方不明になってから何年も時間が経過している場合などで難易度が高い場合です。

人探しの難易度については依頼前に無料相談を活用して聞いておきましょう。

料金を安く抑える方法のひとつとしてはとにかく情報の提供をすることです。

探す時間を昼間だけに限定することなどです。

最近では家出調査など人探しを行う際に探偵事務所を利用する人も増えているようです。

その際、気になるのが費用面ではないでしょうか。

平均すると1回の調査で50?70万円必要と言われています。

探偵事務所によって料金携帯は変わり、1時間いくらという「時間料金型」や「◯時間いくら」というパック料金が設定されている場合や探し人が見つかった場合に報酬金を支払う成功報酬型があります。

また時間料金型の中でも経費は別というパターンや経費別で料金計算をする場合もあるので費用面は特に確認しましょう。

また、依頼をしたら必ず満足できる結果が出るわけではなく、事態が硬直したら新しい情報が出るまで一時中止する決断も必要です。

現在の連絡先がわからない相手を探したい、というときにみなさんはどうしますか?多くの人は警察への届け出を考えるかもしれませんが警察では事件性が高いと判断された場合でないとあまり動いてくれません。

そうすると考えるのが家出調査が得意な探偵への依頼です。

探偵による人探しは周囲の人への聞き込みや張り込みが基本となっているのでほとんどの場合で時間や人手がかかります。

携帯会社に通話情報を開示してもらえばいいんじゃないの?と弁護士から役所や携帯会社への情報請求ができます。

例えば、お金を貸している相手が逃げてしまったので請求をしようにもできない、といった例外的な場合のみ弁護士から開示請求ができます。

家出人探しをする際の手順を探偵に聞きました。

とにかく最初は家出状況の確認をしましょう。

例えば、家出時間がいつ頃か、そのときの持ち物はなんだったのかなどです。

朝早くの家出だった場合は計画的な場合が多く、新幹線や飛行機を予約して遠方に向かう場合もあるようです。

夜間の場合は逆に近場の友人宅などへ行くことが多いようです。

家出直前の服装が分かっていて、その時の服が部屋になければほぼ直前の服を着て家出しています。

何がなくなっているかで行き先や長期間の計画かが判断できる材料になります。

家出調査を依頼する際に重要な手がかりになります。

引用:探偵事務所で人探しなら【格安の行方不明者・失踪人・家出人捜索】